7月の休診のお知らせ | 名古屋市名東区の形成外科はにじが丘皮ふ科形成外科

NEWS

7月の休診のお知らせ

7月16日(火)は休診となります。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

FEATURE

形成外科専門医・レーザー専門医の幅広い知識で対応いたします。

POINT01

形成外科専門医・レーザー専門医の
幅広い知識で対応いたします。

にじが丘皮ふ科形成外科の治療方針はあらゆる皮膚のトラブルを幅広い知識と技術力をもって、対応することです。
アトピー性皮膚炎、とびひなどのように主に塗り薬や飲み薬で治療する皮膚の病気から、ケガや皮膚のおできのような外科的な処置をするもの、さらには、脱毛やしみ、しわ治療などの美容医療まで幅広く対処します。

お悩みに寄り添った治療を提案いたします

POINT02

お悩みに寄り添った治療を
提案いたします

どんな小さな症状でも患者様ときちんと向き合い、納得のいく説明をして治療をいたします。
お悩みの症状のある方はお気軽にご相談ください。

負担の少ない機材を取り揃えています

POINT03

負担の少ない機材を取り揃えています

当院では肌の弱い患者さまでも利用のできる機材をご用意しております。
皮膚の状態を見ながら指導していくので安全に機材をご利用いただけます。

MESSAGE

悩みに対して医学的な知識と技術力で診療にあたらせていただきます。

悩みに対して医学的な知識と技術力で
診療にあたらせていただきます。

私が医師になりたての頃は、今と違って、医療界では病気が治ればそれでよいという風潮が根強く残っていて、例えば外科で言えば病変を取り去れば体に大きく目立つような傷跡が残ってもお構いなしでした。
しかし、それでその患者様は満足した生活を送れるのだろうか。という疑問を私は感じていました。
人間は誰しも多少なりとも人の目を気にします。そこで私は外観の改善によって、より良い人生を送ることができるようにサポートする「形成外科」を私の専門としました。

かっての医療界では、この「形成外科」はひとつ軽く見られていた感がありますが日本人の生活水準が向上したためか認知されつつあるように思えます。
当院では、それぞれの悩みに対してしっかりとした医学的な知識と技術力をもってスタッフともども診療にあたらせていただきます。

院長

宮下 哲

SATORU MIYASHITA

MEDICAL

皮膚科

皮膚科

形成外科

形成外科

美容皮膚科

美容皮膚科

医療脱毛

医療脱毛